AGA治療を半年行った場合にかかる費用について

AGAは病院で治療出来る脱毛症

思春期以降の男性において生え際の両サイドや頭頂部のいずれか、もしくは両方から薄毛が進む脱毛症を男性型脱毛症、通称AGAと呼びます。

AGAは男性ホルモンが還元酵素の働きによって抜け毛を引き起こす成分に変化することで毛の生え変わりの周期であるヘアサイクルが乱れ、薄毛になってしまうというものです。

このAGAが病院で治療することが出来るということはテレビコマーシャルや雑誌、インターネットなどでもよく目にしますのでかなり知られてきています。では、このAGAの治療とはどのようなものなのでしょうか。

AGA治療とはどんなもの?

AGA治療がどのようなものなのかというと、基本的には内服薬による治療です。

プロペシアを服用

AGAの治療で使用される薬はフィナステリドという成分を配合した薬で、代表的なものにプロペシアがあります。これは1日1回の服用で効果が期待できるというもので、還元酵素の働きを阻害してくれるので今までであれば抜けてしまっていた髪の毛が抜けずにそのまま成長して薄毛の改善をしてくれるという薬です。

フィナステリドの効果は非常に高く、AGA治療のガイドラインにおいても最高評価のAを獲得しており、AGA治療において最も基本となる治療法になります。費用は自費診療になりますので、クリニックなどによって変わりますが…

大体、7,000円から15,000円程度で、相場としては月額10,000円程度として考えておけば十分でしょう。

ミノキシジル外用薬を併用

AGA治療はフィナステリドのみで行う方も多いですが、より高い効果(発毛)を期待する場合やAGAが進行してしまっているという場合には、ミノキシジルを含んだ外用薬を併用することもあります。

逆を言えば、進行がまだまだの方、発毛治療が必要ない方(現状維持で十分な方)はプロペシアの服用のみで済ますこともあります

ミノキシジル配合の外用薬(リアップ)は唯一発毛効果が認められた発毛薬で、ドラッグストアなどでも購入することが可能です。こちらは1日2回頭皮に直接塗布するという形になります。ドラッグストアでは1本8,000円前後で販売されていて、7,500円ぐらいが相場となっています。

ただし、リアップを使用することで副作用も起こり得ます。AGAクリニックの専門医による診察・判断の後処方されるミノキシジルを含む外用薬を利用される方がおすすめです。

効果が出るまでとその費用

AGAの治療を開始した時に気になるのは、どの程度行えば効果が実感できるのかということではないでしょうか?

AGAの治療はフィナステリドに関しても、ミノキシジルに関しても使用を開始したからといってすぐに効果を実感出来るものではありません。

早い人では1ヶ月程度で効果を実感する人もいますが、基本的には3ヶ月から6ヶ月は継続して効果の有無を判断する形になります。と言うのも、ヘアサイクルの関係上、治療の効果を得るまでにある程度の時間が必要になるからです。

また、データでも治療を継続したほうがより高い効果が出ることが証明されています。したがって、少なくとも6ヶ月は治療を継続して、治療を継続するかどうかはその時点で判断するのが良いでしょう。

6ヶ月の間に必要な費用ですが、フィナステリドの場合1ヶ月1万円とすれば6万円です。ミノキシジルの場合1ヶ月7,500円とすれば4万5000円で、併用した場合は10万5000円になります。

その他にも、診察にかかる費用や検査や経過検察等諸々の費用がかかって…AGA治療院にひと月で支払う費用は2万5千円~3万円といったところでしょう。

これが半年ということですから15万円~18万円…(自由診療なので一概には言えませんが)この程度の費用を基準に考えておけば間違いないでしょう。