AGAを治療する様々な方法

AGAの治療を受けたいという場合、治療方法も種類を知っておくと良いでしょう。主にハーグ療法や自毛植毛、投薬による治療などが行われています。

ハーグ療法は男性でも女性でも受けられる治療方法であり、髪の毛の悩みを効率よく解消してくれると言われています。この治療ではまず、人間が持っている体を形成している組織から幹細胞を取り出すことになります。その幹細胞に含まれる発毛に関連する成長因子を抽出することになるのですが、特殊な注射器などを使って直接頭皮に成長因子を注入するという治療です。

また、自毛植毛では後頭部などから毛根ごと皮膚を採取し、毛根のない部分に移植することになります。人工の髪の毛を使うと頭皮トラブルが起こりやすいのですが、自身の毛なら安全性が高いというメリットがあります。

投薬治療ではプロペシアという内服薬やミノキシジルという外用薬が主に使われています。プロペシアに含まれる成分はAGAを引き起こす物質の働きを抑制しますし、ミノキシジルは頭皮の血行を良くすることで発毛を促す効果があります。

治療方法によって費用はどれくらい違ってくる?

AGA治療として注目を集めているハーグ療法は、髪の毛を再生することで薄毛やAGAを解消するという方法です。脂肪幹細胞から抽出した成長因子やビタミン類、アミノ酸などのを頭皮に注入することにより、発毛を促進できると言われています。アレルギー物質などは含まれていないため、副作用の心配がないというメリットがあります。値段は治療の範囲によっても異なりますが、頭部全体の治療を受ける場合は1回あたり10万円程度かかってくるでしょう。複数回の治療が必要となるため、総額が100万円以上になってしまうこともあり得ます。

自毛植毛にかかる費用は当然病院によっても変わってきますが…1本当たりの費用は大体300円~1000円程度となっており、1000本を植毛した場合は300,000円~1,000,000円程度かかってくるでしょう。範囲が広い場合はさらにかかることもあります。

投薬治療では主にプロペシアという薬が使われていますが、この薬代の相場は約1ヵ月分で7000円~10000円程度となります。

結局どの治療方法が一番良いのか?

頭皮や髪の毛の状態は人によって異なっていますので、どの治療方法が良いのかは一概に言えません。

最新の発毛治療であるハーグ療法はAGAに高い効果を発揮すると言われており、どんな人でも受けられるというメリットがあります。しかし、費用がかなり高いというデメリットがあるため、病院でしっかり説明を受けてから治療を受けるかどうか決めるようにしましょう。

ちなみに、AGAの治療は基本的に医療費控除を使えませんが、精神的な理由や他の病気によって薄毛や抜け毛になった場合は医療費控除を使うことができる可能性もあります。お住いの近くにいる医療費控除について詳しい専門家に相談するのも一つの手です。

あなたに合った治療方法を提案してもらうためAGA専門の治療院へ

AGA治療はさまざまなクリニックで受けることができます。セルフケアで薄毛や抜け毛が改善しないという場合、近くのクリニックで相談してみると良いでしょう。

※ちなみに、AGA治療は専門のクリニックだけでなく一般の病院でも受けることもできますが断然おすすめは専門クリニックです。

専門のクリニックでは、検査や診察、効果、状況などを時間の経過とともにチェックすることができますし、症例が多いので最適な治療方法を提案してもらえるでしょう。また、割引制度などを用意しているところもあります。

値段については一般の病院より高額になってしまうこともありますが、カウンセリングだけなら無料で受けられることがほとんどです。値段を安くするために自身で治療を行いたいという人もいるでしょう。

しかし、育毛剤などによる治療はかなり時間がかかりますし、人によってはほとんど効果を実感できないこともあります。クリニックでは知識のあるドクターが治療を行ってくれるので安心感・効果の実感に大きな違いがあります。