AGAの症状を見て見ぬふりはやめよう

AGAの特徴について

AGAは男性型脱毛症を指す略称で、成人の男性が主に見舞われる頭髪の減少です。人の体毛はホルモンの分泌量に影響される傾向があり、体調不良などによってホルモンバランスが崩れると抜け落ちてしまうことがあります。特に頭髪はホルモンの影響を受けやすく、わずかなバランスの変化でも頭皮が露出するほどに抜け落ちてしまうケースがあります。

AGAは加齢によってホルモンの分泌量が変化することによって発症のリスクが増大する他、一度発症すると自然治癒せず、症状が進行してしまうのが特徴です。

AGAによる頭髪の減少は個人差がありますが、頭頂部や額の生え際から次第に症状が進行します。人によっては両方から薄毛が進むことから、わずかな間で頭髪が大量に抜け落ちてしまうので注意が必要です。

AGAを放置することで生じる不具合

AGAの症状を放置すると抜け毛が加速度的に進行し、遂には完全に頭髪が失われた状態になります。AGAの症状で細胞分裂が最大数に達して喪失した頭髪は二度と再生しない点を注意する必要があります。市販の育毛剤は毛根の機能を活性化させて髪の毛を太く育てるために使う物ですから、すでに頭髪が抜け落ちた部分に使用しても効果がありません。また、薬剤によっては肌荒れやかゆみなどのトラブルに見舞われる可能性もあることから、AGAが発症したらすぐに医師による適切な治療を受けて症状の進行を防ぐのが最良の対処法です。

AGA治療に必要な心構えや注意点

AGA治療は効果が出るまで時間がかかります。そのため、根気強く治療を続けることが大切です。その一方で、多忙な社会人はAGA治療に要する時間を割くのが難しい問題があります。

専門医による治療は効果が高い分、時間も必要になることから事前のカウンセリングを必ず受けて治療のスケジュール調整を綿密に行うように心がけましょう。

また、同じ治療方法でも医師の技術力で効果の良し悪しが大きく変わる点も併せて注意します。

AGA治療は医師と患者がお互いに信頼し合うことで最適な結果を得ることが出来ます。そのため、症状の確認や治療方針を決める際は必ず事実だけを述べるのが安全に処置を受けるための心得です。

治療費についても予算に応じて適切な対処が出来るようになっていますので、単に高額な薬剤を使うのではなく、自分の体質や頭髪の状態に適した薬剤を選ぶのが症状の緩和や解消に繋がります。

女性の薄毛治療についても知っておこう

AGAは男性に見られる頭髪の現象ですが、生活習慣の多様化によって近年では女性も類似した症状に見舞われることがあります。頭髪の減少を防ぐための治療は基本的な点は同一ですが、ホルモンの分泌量に関わる治療のため、男性用の薬剤をそのまま使うことが出来ません。

女性の患者に男性用の薬剤を使用すると重大な健康被害に見舞われる可能性がありますので、必ず専門医による検査を受けたうえで女性用の薬剤を使った治療を受けることが重要です。