「薄毛は遺伝する」これって本当?迷信?

たとえ頭髪に関して悩みを抱いていなかったとしても、誰もが一度は耳にしたことがあるのが「薄毛は遺伝してしまう」ということです。

かつては信憑性がない迷信だと考えられてきたこともありましたが、診断技術が発達し様々な情報が判明するようになったことで、はっきりと親から子に遺伝すると結論付けられました。

もちろん、様々な原因が複雑に絡み合って抜け毛が増えてしまっていることもありますが、親世代が悩んでいることが下の世代に伝わってしまうことは珍しくありません。

しかも、最新技術を用いた研究によれば祖父からの影響を受けやすいと考えられることが多くなってきていますし、母方の祖父の頭皮環境と著しく似るという情報もあります。

以前は確証的なデータを得ることが困難であったので、一般的な視点から割合を見出して代々と受け継がれていくと言われてきましたが、今日においては薄毛は、ほぼ間違いなく両親から得られる細胞などが直接的に関与しているとされています。

薄毛遺伝子?そんな遺伝子があるの?!

遺伝により頭髪が薄くなることを理解した時、誰もがきっかけになる遺伝子の詳細を知りたくなりますし、それらを除去すれば良いと考えるようになります。

そうした気持ちを抱いた時に目を向けるべきなのは2つの細胞であり、その中の一つが「アンドロゲンレセプター」という受容体です。

そもそもAGAの要因というのは、頭髪が成長するサイクルを乱してしまう男性ホルモンがベースになっているのですが、それらが多数存在していると一本の毛髪がしっかりと育たなくなってしまうので、全体像を見た時に薄く見られます。

しかも、単独で髪の毛の成長を阻害する上に毛乳頭細胞に存在しているアンドロゲンレセプターに付着し、働きかけを行うことによって毛が新たに生み出されなくなってしまいます。

つまり、男性ホルモンがくっついてしまう物質の量があまりにも多くて敏感であるほど強く作用してしまい、著しく変調が起こってしまうようになってしまうという仕組みです。

遺伝による薄毛…これってもう絶望的なの?

AGAに頭を抱えている方は情報を調べて認識していく度に自分の状態と合致していることが理解できるので、すっかり意気消沈してしまい諦めてしまうものです。

原因が遺伝なのは紛れもない事実ですが、発症を一切抑制できないとは一概に言えないですし、手立てを行うことで改善できる可能性もあります。

気落ちし何も施すことなく過ごすのが一番良くないことなので、自身の体質をしっかりと受け入れて素人でも講じられる対策を実行していくのが良いです。

個人的に行える方法と言えばやはり育毛剤ですが、市販品は気休め程度だと思い込まれてしまっていることも多く、あまり期待されていません。

しかし、市販品は発症後に使うと望んだ変化が起こらなかったとしても、予防策として前もって活用すると著しく良い変化が感じられることがあります。

まだAGAの発症を感じていないものの親世代の様子を目にして懸念材料があるのなら用法用量を守り、日々地道に使用していくのもアリです。

一番おすすめのAGA対策はやはりAGA専門病院へ行くこと

年齢層が高くなるほどAGAという病名の認知度が低く、男性は年齢が高くなっていくと誰もが自然に髪が減っていくと考える割合が高まりますが、そうした認識はすっかり過去のものです。

街中には男性型脱毛症を専門としたクリニックが多数見受けられ、悩んでいる方であれば誰もが気軽に利用し遺伝子検査をすることが可能です。

実績ある専門医による判断の元AGA治療を行えば、市販されている育毛剤や発毛剤とは大きく異なる効果を感じられる可能性が高いです。

つまり、ある程度薄毛が進行してしまっている場合でも、かつての潤沢に毛が生えている頭の状態を取り戻すことができる可能性があるということです。

また、こうしたAGAの専門病院は、薄毛が明らかな状態でなくても、将来のことを見越してリスクを軽減する目的でお世話になることもできます。

自由診療という扱いになるものの、頭の状態によっては費用はそこまで高額ではなく、一ヶ月間あたり1万円以下で治療を受けられることも有り得ます。

安心安全の元、手軽にケアが実行できますし、安易に育毛剤に手を出すよりもずっと安上がりになることもあります。

まとめ

頭から生えている毛は顔に最も近いという事も相まって、減少していくとすぐに第一印象が変化したり気持ちの面で落ち込んでしまいます。

世の中には中年を過ぎた頃から薄くなってきている男性が大変多いので、つい仕方のないことだと諦めてしまいがちになりますが、最も重要なのは決して諦めないということです。

遺伝が深く関与しているのはほぼ間違いない事実ですが、全ての薄毛が遺伝が引き金となっているわけではなく、食生活や睡眠時間の乱れ・ストレスが起因になっていることも多くあるのです。

補足

もちろん喫煙も関係しており、現時点で喫煙習慣があるのなら禁煙するだけですっかりと調子が良くなったという報告をする方も居ます。

その他にも運動不足で血流が悪くなっていて頭部まで血液が巡らずに成長が止まっている事例もあり、運動を日課にしてから生まれ変わったような見た目になったこともあります。

とにかく諦めないことを念頭に置き様々なアプローチを仕掛けていくようにしましょう。

繰り返しになりますが、最もおすすめのケア・AGA対策は、AGA専門クリニックに行くことです。