自毛植毛:2種類の施術方法について

自毛植毛とは

自毛植毛は、自分の後頭部や側頭部に残った髪の毛を薄い部分に移植するAGA治療法です。後頭部や側頭部はAGAの原因である男性ホルモンの影響を受けにくいという性質を持ち、その性質は移植後も受け継がれます。

そのため移植して定着した髪の毛がAGAの症状で脱毛することは無く、永久的に生え続けます。移植後は特別なメンテナンスをする必要も無く、シャンプーや頭皮ケアなどだけで十分です。また自分の髪の毛を移植するため、拒絶反応を起こす心配もありません。

関連記事:自毛植毛の特徴とメリット、注意点を紹介

自毛植毛の施術方法には、いくつかの種類があります。そして、その中に代表的な2種類の方法があります。

FUTのメリット・デメリット

まず1つ目はFUTです。FUTとはFollicular(毛包)Unit(単位)Transplantation(移植)の略であり、メスを使って髪の毛を皮膚ごと切り取り、移植します。

メリット

皮膚ごと切り取るため毛根を傷つけてしまうことが少なく、髪の定着率が85~95%と高めです。また1回で切り取れる髪の毛の量が多いため、効率よく広範囲に植毛することができます。

デメリット

このようなメリットがある一方で、デメリットもあります。FUTでは後頭部から縦1cm×横10~20cmくらいの頭皮を切り取るため、大きな傷が残ってしまいます。傷跡は2cm以上の髪があれば隠れますが、短髪だと目立ちます。またFUTの場合、移植する髪の毛の質が安定しません。皮膚ごと切り取った髪の毛の中には健康で太い髪の毛もあれば、弱った細い毛も含まれているからです。

FUEのメリット・デメリット

自毛植毛の施術方法の2つ目はFUEです。FUEとはFollicular(毛包)Unit(単位)Extraction(抽出)の略であり、パンチという器具で1~1.3mmの穴を開けて、髪の毛を1本1本引き抜きます。

メリット

開けた穴は自然と閉じますし、メスを使わないため傷跡も目立ちません。(ただし、こちらも短髪にすると目立つ場合も…)

デメリット

ただしFUTと比べると、髪の毛を採取する際に毛根を傷つけやすく、髪の定着率が70~80%と低いです。施術する医師の腕によって、移植する髪の毛の質も変わってきますから、信頼できるクリニックを選ぶことが大切です。

またFUEでは1回で採取できる髪の毛の量が少ないため、広範囲に植毛するのには向いていません。

気になる治療費と選ぶポイント

FUTとFUEはどちらも健康保険が適用されません。そのためクリニックによって治療費は変わってきますが、手間のかかるFUEはFUTの約2倍の金額です。また基本手数料はどちらも20万円程度が相場で、FUEで複数回に分けて植毛した場合は、その分治療費が高くなります。FUEなら100万円程度、FUTなら最低でも50万円程度かかると考えておくと良いでしょう。

FUTとFUEどちらの方法で自毛植毛するか悩むところですが、それぞれのメリット・デメリットを理解した上で、自分に合った方法を選ぶことが大切です。

FUTは広範囲に植毛するのに適しているのに対し、FUEは部分的に植毛するのに適しています。またFUTは傷跡が目立つのが難点ですが、最近では傷跡が小さくなるように縫合してくれるクリニックもあります。いくつかのクリニックで相談し、一番納得できる治療法を選びましょう。