プロペシアとザガーロについて

プロペシアもザガーロも、AGA治療の薬であることは同じです。どちらも医療用医薬品に該当する薬で、薄毛治療の病院で処方してもらえます。(※病院によっては取り扱いがない場合あり)

注意点

女性が服用すると胎児の生殖器に悪影響を及ぼす心配があるため、女性は服用することができません。また、未成年への安全性も判明しておらず、日本国内では20歳以上の男性にのみ処方している状態です。

薬の作用

薬の作用もよく似ています。AGAを発症するのは、悪玉男性ホルモンといわれるジヒドロテストステロンが抜け毛を促進してしまうためです。成長し切る前に毛が抜けてしまうため、髪の毛が薄くなったように見えます。

ジヒドロテストステロンは通常の男性ホルモンであるテストステロンに5αリダクターゼが作用することで生成されます。※ジヒドロテストステロンは、しばしば「DHT」と呼ばれています。

DHTを生成させないようにするのが、これらの薬の作用です。還元酵素の5αリダクターゼの働きを阻害することで、DHTの生成を防ぎます。これによってヘアサイクルが正常化して、薄毛の進行が遅くなったり、正常な髪の毛が生えてくることにつながります。

プロペシアとザガーロの違い

この、5αリダクターゼを阻害する働きが、プロペシアとザガーロでは少し違います。

プロペシアの成分は、「フィナステリド」、一方のザガーロには、「デュタステリド」という成分が使われています。

「フィナステリド」は5αリダクターゼの「Ⅱ型を阻害する」働きがありますが、「デュタステリド」にはそれに加えて「Ⅰ型の働きも阻害する」作用を持っています。

デュタステリドの登場がフィナステリドの弱点をカバー

両者を比較すると、デュタステリドのほうが阻害できる5αリダクターゼの種類が多いため、AGA治療の効果が高いとされています。AGAのような薄毛の治療には、5αリダクターゼを阻害するのが有効ですが、従来のフィナステリドではⅡ型を原因にする患者にしか有効に働きかけることができず、Ⅰ型が原因の患者には効果が薄い、全く効果がないといった問題がありました。

ところが、新しく登場したデュタステリドにはⅡ型に加えてⅠ型にも有効に働きますので、フィナステリドでは効果が実感できなかった患者にも、AGA治療の効果を期待できる可能性が高くなります。

ジェネリック医薬品

ジェネリック医薬品の存在については、プロペシアの場合は既に複数の大手製薬会社からジェネリック医薬品が登場している状態で、少し安く購入できるように変化しています。一方のザガーロはまだ新しく登場した薬のため、国内で許可されているジェネリック医薬品は流通していません。しかし、海外の製薬会社がジェネリック医薬品を作っており、個人輸入代行サービスを通じて購入すること自体は可能です。